×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〒604-0966
京都市中京区夷川通富小路西入 俵屋町306番地
 TYビル2階
   五岳法律事務所     
 TEL 075-212-1633
 FAX 075-212-1643
 弁護士 中村広明

五岳法律事務所からの御挨拶

 ごあいさつ 

 五岳( ごがく )法律事務所の弁護士中村広明です。

 「五岳」というのは、私が生まれ育った北信濃の小布施町から望める五つの山「北信五岳」(斑尾、妙高、 黒姫、戸隠、飯綱)に因んでいます。
 

◆ トピックス ◆

  検察審査会への申立により、一転、不起訴から起訴へ (2014.2.12)
           − 被害者の代理人としての職務 −

 東山区で2011年に起きた事故の加害者が不起訴処分となったため、昨年11月6日、被害者の代理人として検察審査会に申立をしました。

 その後、年末の12月26日になって、京都区検察庁は、審査会の結論を待つことなく、一転して、加害者を自動車運転過失傷害の罪で略式起訴しました。

 弁護士の仕事というと、被疑者(加害者)の側の弁護をすることだと考えられがちですが、それだけではなく、上記のように、被害者の方の代理人として活動することも、弁護士の重要な職務です。 

 なお、この事件は、朝日新聞京都版(2014.2.11)で、報道されています。

 検察審査会の制度の概要は、裁判所HPの解説を御覧下さい。

 

 

戻る